オンラインカジノって違法なの?〜日本のギャンブルの歴史と法律〜

日本のギャンブル法

「日本では賭け事は違法」というイメージがある方も多いと思いますが、オンラインカジノで遊ぶのは許されているのでしょうか?

ここではオンラインカジノが違法なのか、遊んでしまうと逮捕されるのか、ギャンブルに関する法律的な問題を簡単にわかりやすく説明していきます。

オンラインカジノは違法か合法か

結論からいうと、オンラインカジノ自体は合法です。そのオンラインカジノが、オンラインカジノの運営を合法としている国で会社を立ち上げて、正式にライセンスを受けて法のもとで営業している限り、違法性は全くありません。

オンラインカジノを合法化している国は世界に約200ヵ国あり、多くの国でライセンスも発行しています。ですから、オンラインカジノの存在自体が罪に問われてしまうことはありません。

1.   日本でオンラインカジノをプレイしても違法じゃない?

日本では「賭け事は違法」というイメージがあると思いますが、それは多くの場合、闇賭博や裏カジノといった違法ギャンブルの存在からきているものだと思われます。

オンラインカジノは海外で運営されており、それを合法としている国のライセンスを受けて法に基づいて営業されています。日本に住む日本人はそういったオンラインカジノを利用するわけで、日本で違法で営業されているオンラインカジノで遊ぶわけではありません。

日本にはまだオンラインカジノに関する法律がないので、現状、オンラインカジノに関連する事項を裁くことができません。ですので、海外で合法的に運営されているオンラインカジノを日本でプレイしても、違法とはならないのです。

2.   日本で違法ではない他のギャンブル

日本で合法とされている公営ギャンブルには、競馬、競輪、競艇、オートレース、スポーツ振興くじ、宝くじなどがあります。

パチンコやパチスロは大々的に営業されていますが、実はグレーゾーン。法律の抜け道をうまく利用して、違法をまぬがれながら運営が行われています。

3.   日本で違法のギャンブルは?

日本で遊んで逮捕されるのはいわゆる「闇賭博」や「裏カジノ」と呼ばれるもの。インカジ(インターネットカジノの略)も実は違法です。オンカジ(オンラインカジノの略)と名前が似ていますが、インカジは胴元が日本にあり、その場で賭け事をして客と金銭のやりとりをするので違法行為となります。

日本ではカジノを営業することが法律で禁止されています。現在、カジノ法案(IR推進法)が成立して久しいですが、コロナ禍のこともあり、日本でカジノがオープンするのはまだまだ先。日本でランドカジノや国産のオンラインカジノを楽しめるのはずっと後になると思われます。

4.   違法なオンラインカジノも存在する?

残念ながら、オンラインカジノの中にはユーザーを騙そうとする悪質な業者も存在します。個人情報を悪用されたりイカサマや詐欺に合わないために、オンラインカジノ選びには慎重にならないといけません。

悪徳カジノを見分けるには、信頼できるゲーミングライセンスを所持しているか、運営会社の情報をサイトに明記しているか、利用規約が法律を遵守したものであるか、信頼できる決済方法を採用しているか、公平なゲームを導入しているか、セキュリティ対策をしっかり行なっているか、などといった点の確認が必要です。また、プロのレビューサイトや一般ユーザーの口コミ、評判をチェックするのも忘れずに。

日本で遊べるオンラインカジノは安全?

まずは、そのオンラインカジノが海外で正式にゲーミングライセンスを受けて合法的に運営していること、運営会社としての実績があることが前提です。評価の高いところだけでプレイするようにすれば、安心して遊ぶことができます。

まとめ

日本でのギャンブルの歴史は非常に古く、日本書記には既に賭博についての事項が記されているんだとか。古くから賭け事が大好きな国民性なのかもしれませんね。

「なんとなく遊んでいていつの間にか法律違反をしていた」なんていう事態を避けるために、オンラインカジノ選びは慎重に行いましょう。違法行為をしておいて「知らなかった」というのは理由になりません。

なお、オンラインカジノの利用には年齢制限があります。多くの場合、18歳とされていますので、必ず対象年齢に達しているかどうかの確認も行うようにしてください。

よくある質問

日本でオンラインカジノをプレイしても大丈夫ですか?

海外でライセンスを受けて合法的に運営しているオンラインカジノに日本からアクセスして遊んでも、違法性はないので問題ありません。

違法カジノの見分け方は?

日本国内で胴元が開催する賭博、いわゆる闇賭博は完全に違法です。また、海外で運営されているカジノであっても、ライセンスを受けていなかったり、運営会社が明記されていないサイトはできるだけ避けた方がよいでしょう。