ジュピター|無料視聴できるサイト比較。映画(動画)を日本語字幕で無料で見る

Jupiter
© 2014 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and Ratpac-Dune Entertainment LLC

▼この映画の無料視聴はコチラ▼

ジュピターを見る

※本ページの情報 は2020.10時点のものです。

『ジュピター』の動画配信状況

:おすすめ、:無料視聴可、:課金、×:未配信)

サービス配信状況無料期間
U-NEXT31日間
FOD×2週間
dTV×31日間
Hulu×14日間
パラビ×30日間
Amazon30日間
music.jp30日間
ツタヤTV31日間
TELASA30日間
GYAO!なし
Netflixなし

(2020.10時点)

注意 !!
海外動画サイトは完全に違法です。

リンクをクリックしただけでフィッシング詐欺にあったり、パソコンやスマホにウイルスが入って壊れることもあります。

最悪のケースではあなたが逮捕される可能性もありますので、絶対にしないでください。

このサイトで紹介してる動画配信サービスを使えば、安心・安全に動画を全話無料フル視聴できます。

映画『ジュピター』を無料視聴する方法

U-NEXTで無料視聴

U-NEXTは、

  • 31日間の無料お試し期間
  • 登録時に600Pもらえる
  • 見放題の洋画が5,000本以上
  • 1,990円(税抜)/月

映画『ジュピター』は見放題の作品の1つですので、31日間の無料お試しを利用して無料で見られます。

登録時にもらえる600Pは、お試し期間でも使えまして、新作映画を1本程度と5,000本以上の見放題の名作洋画を楽しめます。

<U-NEXTのSF映画>

  • マトリックス
  • クラウド・アトラス
  • マトリックス リローデッド
  • マトリックス レボリューションズ
  • G.I.ジョー
  • ダークナイト
  • 猿の惑星:新世紀(ライジング)
  • ターミネーター:新起動/ジェニシス
  • インターステラー
  • ダイバージェント

<U-NEXT最新SF映画>

  • ディメンション(550円)
  • ブラッドショット(550円)
  • アルマゲドン2020(440円)
  • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(440円)
  • ルーシー・イン・ザ・スカイ(440円)
  • アベンジャーズ/エンドゲーム(440円)
  • レディ・プレイヤー1(440円)
  • メイズ・ランナー: 最期の迷宮(330円)
  • メッセージ(440円)
  • パッセンジャー(440円)

もちろん無料お試し期間中に見るだけ見てやめても違約金などはありません。

他の特典も多数あります。こちらから安心して、映画『ジュピター』を無料でお楽しみください。

ジュピターを見る

無料視聴できる他の動画配信サイト

U-NEXT以外の動画配信サイトでも、それぞれの無料体験中に無料で見放題できるところがあります。

Amazon music.jp ツタヤTV TELASA

 有料の動画配信サイトの料金

詳細情報

映画『ジュピター』予告編(90秒)【HD】2015年3月28日公開

あらすじ

地球の運命を握るヒロインの戦い!壮大なビジュアルで贈るSFアドベンチャー
チャニング・テイタムなど豪華キャストが共演したSFアドベンチャー。「マトリックス」のウォシャウスキー姉妹による独創的な世界観を再現した迫力のビジュアルは必見!
働きづめの日々を送るジュピターはある日、何者かに命を狙われる。その危機を救ったのは、突然現れた謎の戦士ケイン。ケインから、自分が宇宙最大の王族の血を引くと聞かされたジュピターは、やがて王位継承と地球の運命をめぐる戦いに巻き込まれていく…。
(引用:U-NEXT

キャスト

  • (ケイン・ワイズ) チャニング・テイタム
  • (ジュピター・ジョーンズ) ミラ・クニス
  • (スティンガー) ショーン・ビーン
  • (バレム) エディ・レッドメイン
  • (タイタス) ダグラス・ブース
  • (カリーク) タペンス・ミドルトン
  • ペ・ドゥナ
  • ジェームズ・ダーシー
  • ティム・ピゴット=スミス

スタッフなど

  • 監督 ウォシャウスキー姉妹
  • 音楽 マイケル・ジアッキノ
  • 脚本 ウォシャウスキー姉妹
  • 原題 Jupiter Ascending
  • 公開 2015年3月28日(日本)
  • 上映時間 126分

Wikipedia

映画『ジュピター』の見どころ・名言

映画『ジュピター』は2015年に公開されて、世界的にヒットした映画です。

本作は、名作文学の『オデュッセイア』と『オズの魔法使』から着想を得たそうです。

映画『ジュピター』の印象に残るセリフはこれでしょう。

「生きることは消費すること」

このセリフが誰から、どこで出てくるのかお楽しみください。

映画『ジュピター』の動画の無料視聴はコチラから。

ジュピターを見る