硫黄島からの手紙|無料視聴できるサイト比較。映画(動画)を日本語字幕で無料で見る

lettersfromiwojima
©Warner Bros. Entertainment Inc. ©DreamWorks Films L.L.C.

▼この映画の無料視聴はコチラ▼

硫黄島からの手紙を見る

※本ページの情報 は2020.7時点のものです。

『硫黄島からの手紙』の動画配信状況

:おすすめ、:無料視聴可、:課金、×:未配信)

サービス配信状況無料期間
U-NEXT31日間
FOD×2週間
dTV31日間
Hulu14日間
パラビ×30日間
Amazon30日間
music.jp30日間
ツタヤTV31日間
TELASA30日間
GYAO!なし
Netflix×なし

(2020.7時点)

注意 !!
海外動画サイトは完全に違法です。

リンクをクリックしただけでフィッシング詐欺にあったり、パソコンやスマホにウイルスが入って壊れることもあります。

最悪のケースではあなたが逮捕される可能性もありますので、絶対にしないでください。

このサイトで紹介してる動画配信サービスを使えば、安心・安全に動画を全話無料フル視聴できます。

映画『硫黄島からの手紙』を無料視聴する方法

U-NEXTで無料視聴

U-NEXTは、

  • 31日間の無料お試し期間
  • 登録時に600Pもらえる
  • 見放題の洋画が5,000本以上
  • 1,990円(税抜)/月

映画『硫黄島からの手紙』は見放題の作品になっていて、31日間の無料お試しを利用して無料で見ることができます。

登録時にもらえる600Pは、お試し期間でも使えますので、新作映画を1本程度と5,000本以上の見放題洋画作品を楽しめます。

<U-NEXTのドラマ映画>

  • 父親たちの星条旗
  • アメリカン・スナイパー
  • ハドソン川の奇跡
  • スペース カウボーイ
  • プラトーン
  • インセプション
  • GODZILLA ゴジラ
  • 勇者たちの戦場
  • ゴッドファーザー
  • コンテイジョン

<U-NEXT最新ドラマ映画>

  • スキャンダル(399円)
  • ジョーカー(550円)
  • パラサイト 半地下の家族(550円)
  • グレイテスト・ショーマン(440円)
  • ボヘミアン・ラプソディ(330円)
  • アリー/ スター誕生(440円)
  • グリーンブック(550円)
  • フォードvsフェラーリ(440円)
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(440円)
  • レヴェナント: 蘇えりし者(330円)

もちろん無料お試し期間中に見るだけ見てやめても違約金などはありません。

他の特典も多数あります。こちらから安心して、映画『硫黄島からの手紙』を無料でお楽しみください。

硫黄島からの手紙を見る

無料視聴できる他の動画配信サイト

U-NEXT以外の動画配信サイトでも、それぞれの無料体験中に無料で見放題できるところがあります。

dTV Hulu music.jp ツタヤTV TELASA

 有料の動画配信サイトの料金

詳細情報

映画「硫黄島からの手紙」日本版劇場予告

あらすじ

「硫黄島2部作」の第2弾。クリント・イーストウッド監督が日本視点から激戦を活写
渡辺謙、二宮和也、加瀬亮ら日本人俳優が競演。中でも二宮和也の演技が秀逸。普通のパン屋から激戦地に送り込まれた男の絶望、恐怖、怒りを等身大で表現し、称賛を集めた。
戦況悪化の一途をたどる1944年6月。陸軍中将の栗林忠道が本土防衛の最後の砦と化した硫黄島に降り立つ。アメリカ留学経験を持つ彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し、部下に対する理不尽な体罰も戒める。絶望を感じていた西郷は希望を抱き始めるが…。
全編日本語の映画がアカデミー賞作品賞にノミネートされたのは本作が初めてである。
(引用:U-NEXT

キャスト

  • (栗林忠道中将) 渡辺謙
  • (西郷) 二宮和也
  • (バロン西(西竹一中佐)) 伊原剛志
  • (清水) 加瀬亮
  • (野崎) 松崎悠希
  • (伊藤中尉) 中村獅童
  • (花子) nae
  • ルーク・エバール
  • マーク・モーゼス
  • ロクサーヌ・ハート

スタッフなど

  • 監督 クリント・イーストウッド
  • 音楽 カイル・イーストウッド
  • 脚本 アイリス・ヤマシタ
  • 原題 Letters from Iwo Jima
  • 公開 2006年12月20日(日本)
  • 上映時間 141分

Wikipedia

映画『硫黄島からの手紙』の見どころ・名言

映画『硫黄島からの手紙』は2006年に公開されて大ヒットした映画です。

ハリウッドが日本人を描いた作品として、とてもよくできています。

ほとんど日本語なので、観やすく、また理解しやすいです。

その分、やはり知っておかなければならない出来事だなと強く感じました。

映画『硫黄島からの手紙』の印象に残るセリフはこれでしょう。

「ここはまだ日本か?」

この涙なしで聞けないセリフを鮮明に覚えています。

映画『硫黄島からの手紙』の動画の無料視聴はコチラから。

硫黄島からの手紙を見る