ウォールフラワー|無料視聴できるサイト比較。映画(動画)を日本語字幕で無料で見る

wallflower
(C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

▼この映画の無料視聴はコチラ▼

ウォールフラワーを見る

※本ページの情報 は2020.10時点のものです。

『ウォールフラワー』の動画配信状況

:おすすめ、:無料視聴可、:課金、×:未配信)

サービス配信状況無料期間
U-NEXT31日間
FOD×2週間
dTV31日間
Hulu×14日間
パラビ×30日間
Amazon30日間
music.jp30日間
ツタヤTV31日間
TELASA×30日間
GYAO!なし
Netflixなし

(2020.10時点)

注意 !!
海外動画サイトは完全に違法です。

リンクをクリックしただけでフィッシング詐欺にあったり、パソコンやスマホにウイルスが入って壊れることもあります。

最悪のケースではあなたが逮捕される可能性もありますので、絶対にしないでください。

このサイトで紹介してる動画配信サービスを使えば、安心・安全に動画を全話無料フル視聴できます。

映画『ウォールフラワー』を無料視聴する方法

U-NEXTで無料視聴

U-NEXTは、

  • 31日間の無料お試し期間
  • 登録時に600Pもらえる
  • 見放題の洋画が5,000本以上
  • 1,990円(税抜)/月

映画『ウォールフラワー』は見放題の作品となっていますので、31日間の無料お試しを利用して無料で見ることができます。

登録時にもらえる600Pは、お試し期間でも使えて、新作映画を1本程度と5,000本の見放題洋画作品を思い切り楽しめます。

<U-NEXTのドラマ映画>

  • ワンダー君は太陽
  • ザ・サークル
  • ブリングリング
  • パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海
  • シング・ストリート 未来へのうた
  • 5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~
  • スタンド・バイ・ミー
  • マイ・インターン
  • わたしを離さないで
  • スラムドッグ$ミリオネア

<U-NEXT最新ドラマ映画>

  • ボヘミアン・ラプソディ(330円)
  • ジョーカー(550円)
  • スキャンダル(399円)
  • パラサイト 半地下の家族(550円)
  • グレイテスト・ショーマン(440円)
  • フォードvsフェラーリ(440円)
  • ダウントン・アビー(440円)
  • グリーンブック(550円)
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(440円)
  • ザ・ピーナッツバター・ファルコン(550円)

もちろん無料お試し期間中に見るだけ見てやめても違約金などはありません。

他の特典も多数あります。こちらから安心して、映画『ウォールフラワー』を無料でお楽しみください。

ウォールフラワーを見る

無料視聴できる他の動画配信サイト

U-NEXT以外の動画配信サイトでも、それぞれの無料体験中に無料で見放題できるところがあります。

dTV music.jp ツタヤTV

 有料の動画配信サイトの料金

詳細情報

映画『ウォールフラワー』予告編

あらすじ

名作青春小説を映画化。内気な少年の惨めな学園生活が、ひとつの出会いで輝き出す!
「ライ麦畑でつかまえて」の再来と称賛された小説を映画化。輝かしくもほろ苦い青春の日々を、懐かしい80年代カルチャーとともに描き出し、切なく胸をくすぐる。
小説家志望の16歳、チャーリーはスクールカースト最下層に位置づけられ、ひっそりと高校生活を送っていた。そんなある日、陽気でクレイジーなパトリックと美しく奔放なサムの兄妹に出会い、チャーリーの日々は一変。友情と恋を知り、世界が広がり始めるが…。
(引用:U-NEXT

キャスト

  • (チャーリー) ローガン・ラーマン
  • (サム) エマ・ワトソン
  • (パトリック) エズラ・ミラー
  • (メアリー・エリザベス) メイ・ホイットマン
  • (ブラッド) ジョニー・シモンズ
  • ケイト・ウォルシュ
  • ディラン・マクダーモット
  • ジョーン・キューザック

スタッフなど

  • 監督 スティーヴン・チョボスキー
  • 音楽 マイケル・ブルック
  • 脚本 スティーヴン・チョボスキー
  • 原題 The Perks of Being a Wallflower
  • 公開 2013年11月(日本)
  • 上映時間 103分

Wikipedia

映画『ウォールフラワー』の見どころ・名言

映画『ウォールフラワー』は2013年に公開されて、映画ファンから今も愛されている青春映画です。

小説の原作者であるスティーブン・チョボウスキーが、自ら脚本・監督で映画化したという意欲作。

映画『ウォールフラワー』の印象に残るセリフはこれでしょう。

「高校生活もいつか思い出に変わり、写真も色あせる。いつか、親にもなるだろう。でも今だけは、思い出じゃない現在進行形だ」

このセリフが誰から、どこで出てくるのかお楽しみください。

映画『ウォールフラワー』の動画の無料視聴はコチラから。

ウォールフラワーを見る

.